低用量ピルは避妊目的でなくても使用可能

低用量ピルを使用している人の目的の多くは避妊ですが、低用量ピルは避妊以外の目的もたくさんあります。
低用量ピルには少量の女性ホルモンが入っていますが、体の中に女性ホルモンを取り入れることで様々な病気や症状に関係してくるからです。

低用量ピルの大きな特徴は排卵を抑制することですが、その作用により生理痛が軽減するという効果がでます。
生理痛がひどくなる原因はひとつではありませんが、排卵が起きた後に子宮内膜が厚くなり過ぎることで、プロスタグランジンという物質が大量に分泌されてしまい痛みを強く感じるようになります。
低用量ピルを服用している時には排卵が起こらないために子宮内膜が不必要に厚くならず出血量が少なくなります。
それに伴いプロスタグランジンの量も少なくなるために生理痛が緩和するという効果がでます。

他には生理不順の時にも低用量ピルが使用されることがあります。
生理不順を起こしている人は女性ホルモンのバランスが崩れている人が多いため、低用量ピルを使用することで決まった量の女性ホルモンが体の中に入りホルモンバランスが整うようになります。
その結果として、生理の周期が安定することが多く、生理不順の症状を改善させる効果があります。

月経困難症は生理の期間に日常生活が送れないほどの酷い生理痛などを起こす病気です。
いろいろなことが原因で起こりますが低用量ピルを使用して効果が期待できるのは、ホルモンバランスの乱れが原因で起こっている時です。
月経困難症になると普通の生活を送ることさえできなくなってしまうので症状を緩和させて、最低限の生活を送れるようにしていく必要があります。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こるものは他にもPMSがあります。
PMSは程度の差があるとはいえ多くの女性が体験したことがある症状です。
生理のたびに辛いPMSの症状も低用量ピルを使用することで軽減する可能性があります。

低用量ピルは女性ホルモンとの関係が深いということでニキビや肌荒れにも効果をあらわします。
女性ホルモンの一種であるエストロゲンは美肌ホルモンといわれるほど、肌を美しくする作用のあるホルモンです。
エストロゲンを低用量ピルで体内に入れることでニキビや肌荒れが良くなることがあります。

さらに低用量ピルは卵巣がんの予防にも役立ちます。
排卵は卵巣にとってはストレスのかかることで、排卵を抑制することで卵巣の安静が保たれると考えられています。
その結果負担が少なくなり卵巣がんの発症を抑制します。

アフターピル服用後に嘔吐した場合はどうすれば良い?

ピルを服用した時の副作用には吐き気があります。
そして、この種類の副作用はピルを飲み始めた人の多くに起こる代表的な副作用です。
そのため服用した後に吐き気が強くなりピルを嘔吐してしまうという事故は比較的よく見られるものです。

実際に服用してから4時間ほど経過していれば体の中に成分が吸収されてしまっているため、再度服用し直す必要はないと言われています。
しかし、服用してすぐに吐いてしまったり、2時間以内に吐いてしまった場合には体に吸収されずに、吐いたものと一緒に体の外に出てしまった可能性が高いと言えます。

そのため、2時間以内に吐いてしまった場合には再度同じ量を服用し直す必要がでてきますが、次は吐いてしまわないように吐き気止めを使って吐き気を抑えるようにしたほうが良いでしょう。
そして、2回服用して2回とも吐いてしまった場合には、これ以上の服用をすることに危険がでるため、2回目はできるだけ吐いてしまわないような対策が必要です。

ピルは服用後に吐いてしまうことが多いので、もしも心配な場合には事前に吐いてしまった時用に余分にピルを準備しておくと、いざという時にすぐにピルを服用できます。
吐いてしまってから、ピルの準備をしようと思うと、相当時間がかかってしまうので、事前に準備しておくことをおすすめします。

また吐いた時用のピルだけでなく、吐き気止めも準備しておくと、いざという時にすぐに吐き気止めを使用して、吐き気という辛い症状を緩和させることができます。
吐き気はよく起こる副作用なので、ピルを服用する時には吐き気止めもセットで準備しておくと、いざという時に慌てずに済みます。

ピルを服用した時にでる吐き気という症状は、体の中の女性ホルモンの量が徐々に増えていっている時に体が変化に対応しきれずに吐き気という症状となってあらわれます。
そのため、服用後に吐き気を感じるということは少しずつピルの成分が体の中に吸収されていることが多く、その状態になっている時に追加でピルを飲むと、最初の予定よりも多くの量の女性ホルモンが体の中に入ってしまうことになります。

そのため追加でピルを飲むと体への負担が大きくなってしまうことがあるので、できる限り嘔吐してしまわないように対策をして、嘔吐を予防していくことが大切です。
ピルを準備する時には、吐き気止めも準備しておき、心配がある人はピルを服用する時に同時に吐き気止めも使用するようにして、吐き気が起こる可能性を少しでも低くしておきましょう。

関連ページ