低用量ピルと言えばトリキュラーが人気!

低用量ピルには様々なものがありますが、その中ではトリキュラーが人気です。
トリキュラーは非常に有名な低用量ピルで世界中で活用されています。
日本の医療機関でも処方されているので安全性が高いことでも有名です。
トリキュラーに含まれる黄体ホルモンおよび卵胞ホルモンの作用によって、主に排卵を抑え、子宮内膜を変化させます。
低用量ピルに分類されるトリキュラーは避妊に効果がある有効成分がぎりぎりまで少なく抑えられています。
そのため副作用も非常に少なくなりますが、通販などで購入出来るトリキュラーは買う前に副作用をチェックしておきましょう。

トリキュラーには黄体ホルモンとして「レボノルゲストレル」、卵胞ホルモンとして「エチニルエストラジオール」が用いられています。
女性ホルモンの一種である「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」が身体に作用することによって主に避妊効果を発揮します。
トリキュラーに含まれる黄体ホルモン「レボノルゲストレル」は第2世代の黄体ホルモンでそれ以前のピルよりも作用が強くなっています。
また、トリキュラーは自然なホルモン分泌のパターンと近くなるように工夫されています。
一錠あたりに少ない量の女性ホルモンが含まれている錠剤を最初に服用し、徐々に多くの女性ホルモンが含まれる錠剤を服用していくため、身体への負担も少なくなり副作用が出にくくなっています。

トリキュラーに含まれている女性ホルモン(「レボノルゲストレル」と「エチニルエストラジオール」)が身体の中に吸収され、性腺刺激ホルモンの分泌が抑制されます。
その結果として、卵胞が大きくならず、排卵が起こらなくなります。
これがトリキュラーの服用が避妊とむすびつくメカニズムです。黄体ホルモンの作用によって子宮内膜の増殖も抑えられます。
子宮内膜の増殖を抑えることによって、万が一排卵・受精があったとしても受精卵が着床しにくくなります。
さらに、子宮入口付近の頚管粘液の粘度を高めることによって精子の侵入を防ぐ効果も有しています。

トリキュラーには21錠タイプのものと28錠タイプのものがあります。
21錠タイプのトリキュラーの服用方法としては、1日1錠を毎日決められた時間に21日間連続で服用して、7日間の休薬期間を設けます。
28日間を1周期として、以後同様に繰り返します。
一方、28錠タイプのトリキュラーの服用方法としては、1日1錠を毎日決められた時間に28日間連続服用します。
28錠のうち、最後の7日間は有効成分が含まれていない偽薬を服用します。
偽薬を服用することで飲み忘れなく継続してピルを服用しやすくなります。
21錠タイプのトリキュラーにせよ、28錠タイプにせよ含まれている有効成分は同じものです。

トリキュラーは生理をコントロールすることも可能

トリキュラーを使えば生理をコントロールすることが可能です。生理が近づくと身体の中の黄体ホルモンの量が減って生理が起こります。
しかし、ピルを服用すると身体の中の黄体ホルモンの量が増えるため生理が来なくなります。
ピルの服用を止めれば黄体ホルモンの供給がなくなるので、その後2~3日程度後に出血が起こります。
これがトリキュラーを服用することによって生理がコントロールできるようになるメカニズムです。
生理は約28日間を1サイクルとして周期し、この28日の間に身体の中の黄体ホルモンと卵胞ホルモンの量は変化します。
この変化をトリキュラーを服用することでコントロールすることで生理を早めたり遅らせたりできるようになります。

低用量ピルの一種であるトリキュラーを正しく服用すれば、一定の周期で規則正しく生理がくることになります。
トリキュラーを服用すれば、海外旅行や結婚式に合わせて生理を早めたり遅らせたりできます。
生理日をずらす場合、早める方がピルの飲み忘れも少なく簡単です。

生理日を早めるためのピルの服用方法としては、生理が始まってから5日目までの間にピルを飲み始めます。
その後早めたい日までピルを飲み続けるようにします。
生理を起こしたい日の2〰3日前にピルの服用を中止すると出血が始まります。

生理を遅らせるための服用方法としては、生理が来そうな日のおよそ5日前からピルを飲みはじめ、生理を避けたい日まで1日1錠服用していきます。
ピルを服用している間は生理が来ることはありません。ピルを飲み終えてから2~3日後に出血します。
ピルを飲み続けている限り生理を遅らせることが可能ですが、あまりに遅らせすぎると破綻出血を引き起こす可能性があるため、約10日程度にとどめておくことが大切です。

ピルを普段から使っている方が生理日を早めたり遅らせたりする場合、少しピルの服用のタイミングが上の説明とは異なります。
ピルを普段から使っている方はピルを早めに飲みはじめなければなりません。

ピルを普段から使っている方が生理を早めたい場合、生理がはじまってから5日〰7日目までの間にピルの服用を開始します。
その後、早めたい日まで飲み続け、飲み終えてから1日~3日後に生理がきます。
一方、普段からピルを服用している方が生理を遅らせたい場合、予定日の2日~7日前からピルの服用をはじめます。
その後、遅らせたい期間ずっと服用し続け、服用を止めると1日〰3日で生理がきます。
予定日まで余裕を持ってトリキュラーを飲みはじめることが大切です。
ピルを飲み続けることで強引に生理までの期間を引き伸ばしているため、あまりに長期間遅らせると身体に負担がかかるので注意する必要があります。

関連ページ