アフターピルはアイピルを使うのがおすすめ!

アフターピルというのは避妊に失敗した時や、避妊をせずに性交を行ってしまった時に使用する緊急避妊薬です。
性交が終了してからなるべく早い時期に使用することで避妊ができる可能性が高くなります。
アフターピルの中には避妊目的で使用されるピルよりも多く女性ホルモンが入っており、服用することで身体の中に女性ホルモンを取り入れて身体を妊娠した時の状態にすることで、新しく受精卵が着床したり、受精をすること自体を抑制する作用があります。

アフターピルは通常使われているピルとは違い、すぐに効果を出さなくてはいけないため、含まれているホルモン量が多めになっています。
その分副作用は出やすくなってしまいますが、それでも緊急で避妊効果を出すためには、それほどの量のホルモンを身体の中に入れないと避妊効果がしっかりとあらわれなくなります。

アフターピルは性交後の早い時期に使用することで避妊できる可能性が高まりますが、それでも何度もアフターピルを使用していると、その分避妊に失敗する可能性が高くなってしまいます。
そのため、基本的にはアフターピルを使用しなくてもいいように性交を行う時に避妊をしっかりと行っておくことが大切です。

しかし、女性がそう思っていても相手である男性の同意が得られなかったり、避妊をしていたつもりでも実は避妊に失敗していたということも起こります。
そういった時に望まない妊娠をしてしまうと女性の体にも心にも大きな傷が残ってしまいます。
そういったことを防ぐためには、もしかしたら避妊に失敗したかもしれないと思える時にはアフターピルを使用して妊娠の予防を行いましょう。
もしも妊娠をしてしまっていたら、その後に手術を行うなど薬を飲む程度では済まないことになってしまいます。

そういった役割のあるアフターピルの中にアイピルという物があり、アイピルは避妊に失敗した後に1錠だけを服用すればよいという使い勝手の良いアフターピルです。
アフターピルの中には何度か服用しなくてはいけないものなどもありますがアイピルは一度だけ服用すればよいという手軽さがあります。
使い方が簡単でありながら、高い避妊効果があることがアイピルの特徴でアフターピルとして使用する時にはたくさんのメリットがある薬です。
アフターピルが必要になった時にはアイピルを使用するとしっかりとした効果を出しながら、使い勝手が良く、手に入りやすい商品なのでおすすめです。

アイピルの効果が発揮される正しい服用方法

アイピルはアフターピルのため、性交後のなるべく早い時期に使用することで避妊効果を高めることができます。
基本的にアフターピルは72時間以内に服用するという決まりがありますが、この時間内だったらいつでも良いというわけではありません。
アイピルが手に入ったらできる限り早い時間に使用するようにしましょう。
アイピルは性交後に1錠を1回だけ使用することで高い避妊効果をあらわします。

アイピルは性交後24時間以内に使用した時には避妊できる可能性が95%もあるという報告があるほど、避妊効果の高い薬です。
服用方法として72時間以内と書いてあっても、時間が経過してしまう前にできるだけ早い時期に服用するようにしましょう。
そして72時間以内に服用した時には避妊効果は75%まで下がるという結果になっています。
75%でも高い避妊効果を出していますが、24時間以内に使用した時に比べると効果が下がっていることがわかります。
服用方法としておすすめするのはできるだけ早い時期に服用することです。

またアイピルには多めの女性ホルモンが含まれているために副作用が出やすいという側面があります。
ピルの副作用で最も多いものが吐き気です。
吐き気は起こっているだけで辛い症状ですが、最も困るのはピルを服用した後に吐き気が強く嘔吐してしまうと、ピルの成分が体に吸収されずに外に出てしまうことがあることです。

身体に吸収される前に外に出てしまうとピルの効果を発揮することができないため、注意点としては吐き気が起こりやすい体質の人はアフターピルを服用する時に一緒に吐き気止めを飲んでおくことです。
アフターピルと一緒に吐き気止めを飲んでも避妊効果には差が出ないため、予防的に吐き気止めを一緒に飲んでおくと副作用が起こりにくくなります。
アフターピルを使用する時は緊急のことが多いので注意点は吐き気止めも事前に用意しておく必要があるということです。

また実際に嘔吐をしてしまった時にはアフターピル服用後2時間以内であった場合には、アフターピルが体に吸収される前に嘔吐してしまった可能性が高いので、アイピルを服用し直した方が良いでしょう。
アフターピルの副作用には下痢もあり、吐き気ほどは頻繁には起こりませんが起こる可能性があります。
服用後に下痢を起こしてしまった場合には、ほとんどの場合身体に吸収された後に下痢を起こしていると考えられます。
そのため下痢をしてしまった時にはアイピルを追加で飲む必要はありません。

関連ページ