アフターピルの効果と副作用について

アフターピルは性行為をした時になんらかの原因で避妊に失敗してしまった時に使用するものです。
アフターピルには合成の女性ホルモンが入っており、アフターピルを服用することで、体の中の女性ホルモンのバランスを人工的に変化させ、生理を誘発します。
そういった作用により受精卵が子宮内に着床することを防ぎ、妊娠を予防する効果があります。

アフターピルは避妊に失敗した時に使用される薬ですが、避妊を行わずに性行為を行ってしまった場合や、性犯罪に巻き込まれて自分の意思ではなく性行為をしてしまった時などにも使用されます。
性交後に受精卵ができ、受精卵が着床してしまうと妊娠が成立してしまうため、性行為の後になるべく早くに使用しないと効果がしっかりと出ないということが特徴です。
一定時間以上経ってしまってから使用しても避妊効果は得られません。

アフターピルは避妊目的で何度も使用するようなものではなく、避妊に失敗した時の緊急時の対応策のひとつです。
何故かというと、アフターピルを服用することで体内の女性ホルモンの量が変化するために、女性の体に負担がかかり様々な副作用が起こることがあるからです。

アフターピルを服用することで起きる可能性のある副作用は吐き気があります。
吐き気はアフターピルを使用した人の多くにでる副作用で、吐き気を感じるだけでなく実際に嘔吐をしてしまう人もいます。
これはアフターピルに含まれる女性ホルモンが体の中に吸収されることで、ホルモンバランスが急激に大きく変わることが原因となって起こります。

吐き気だけでも辛い症状ですが、実際に嘔吐してしまうとアフターピルの成分が吸収される前に体の外に出てしまい、アフターピルの避妊効果がなくなってしまうことがあります。
緊急的に使ったアフターピルの効果がなくなってしまっては、妊娠してしまう可能性がでてくるため、できるだけ嘔吐しないようにアフターピルと同時に吐き気止めを飲むという方法もあります。

もうひとつの副作用には頭痛があります。
これも多くの人が訴える副作用で大勢の人に見られます。
頭痛が起こる原因もホルモンのバランスが急激に変化することで起こります。
これらはアフターピルの成分が体に吸収されてしばらくすると、身体がその状態に慣れてくることで徐々に辛い副作用の症状が軽減してくるはずです。
ただ中にはどうしても副作用の症状がなくならないという人もいるので、その場合には病院を受診しましょう。

アフターピルは性行為後何時間後まで飲めば良い?

アフターピルは女性の体の中で受精卵ができている時に、受精卵が子宮内に着床しないようにする作用があり、生理を起こすことで受精卵の着床を予防します。
それと同時に、まだ排卵が起こっていない場合には、排卵の時期をずらすことで受精卵ができることを予防します。

こういった作用で妊娠の成立を抑制しますが、性交が行われた時に排卵が起きてしまっている場合には、受精卵ができてから子宮内に着床するまでにかかる時間には限りがあります。
そして、排卵が起きていない場合でも、すでに排卵の時期を迎えている場合には、性交の後すぐに排卵をしてしまう可能性があり、やはり早めに対処をしないと避妊効果を高めることはできません。

そのためアフターピルを飲む時間は性交を終えた後、早ければ早いほど避妊効果が高くなることがわかっています。
性交後24時間以内であれば9割以上の高い確率で避妊できるといわれています。
しかし、一定時間を過ぎてしまうと、避妊効果は徐々にに下がっていきます。

アフターピルの服用方法としては性交後72時間以内が効果がでる目安とされています。
ただアフターピルの種類によって服用方法には違いがあります。実際に服用する時には、服用方法をしっかりと確認しておきましょう。

ただどのアフターピルでも共通しているのは、性交後に早い時間であればあるほど効果が高くなるということです。
もしも避妊に失敗してしまったり、望まない妊娠をしてしまう可能性があると考えられる時には、できる限り早い時期に服用するようにしましょう。

アフターピルは性交後になるべく早い時期に服用することで、高い確率で妊娠を抑制できる薬ですが、完全に妊娠を予防できるわけではありません。
そのため、緊急時には仕方がないにしても、できる限り確実な避妊方法をとるようにして、望まない妊娠が起こる可能性を低くしておくことが大切です。
特に女性の体には負担がかかる方法なので、あまりにも頻繁に使用すると、体の調子を崩してしまいます。

またアフターピルで妊娠を予防したい時には、とにかく早い時期に使用することが大切です。
時間が経過してしまったあとでは、簡単に妊娠を予防することができなくなり、妊娠が成立してしまうと、中絶手術をするしか方法がなくなります。
中絶手術はアフターピルとは比べ物にならないほどのダメージの大きな処置です。
また体だけでなく精神的な傷にもなります。そういったことを予防するためにもアフターピルは性交後早い時期に使用しましょう。

関連ページ